建売か注文住宅か

建売か注文住宅か

戸建てには注文をしてから、建設を開始する注文住宅と、すでに完成してから販売が始まる建売住宅があります。

どちらにもメリットデメリットがあるために、ある程度はどちらのタイプで購入を考えているか、決めておくことをお勧めします。

我が家は当時住んでいたマンションが嫌だったので、早めにマイホームに引越しがしたかったために、建売住宅に絞って購入を考えましたが条件に合うものは見つからず。

結局は、注文住宅を購入しました。

建売を探していたのですが、注文住宅に変更したわけは、自分好みのマイホームを購入したかったからです。

建売を購入した人の中には、自分で一から自分で決める事が出来ずに、後悔している人も多いです。

注文住宅の方がどうしても手間がかかってしまうために、価格的には高めです。

不動産会社によって注文住宅をメインに扱っている所や、建売住宅しか扱っていない不動産会社など、不動産会社によって随分違います。

建売住宅をメインに扱っている不動産会社の場合には、注文住宅の物件がほとんどないために、どうしても選択肢が狭まってしまいます。

じっかりと建売と注文住宅のメリットと、デメリットを知ったうえで、購入を考えるという方法もお勧めします。

購入する前に考えておきたいこと

こんな不動産会社は要注意

失敗しないマイホーム選び

建売住宅のメリット・デメリット

注文住宅のメリット・デメリット

チェックしておきたい部分

マイホームで失敗したと思った部分

買って良かったと思ったこと

メニュー